→【院長紹介】

→【著書紹介】

【クリニックについて】TOPに戻る


院長・医学博士:柴田 実(しばた みのる)
昭和33年生まれ

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

柴田実院長は、ベストドクターズ社(Best Doctors, Inc:本社ボストン)から、
専門医同士の評価によって選ばれる
「Best Doctors 2012-2013」「Best Doctors 2014-2015」に引き続き
「The Best Doctors2016-2017」に選出されました。

  

△クリックすると大きくなります

ベストドクターズの選出方法は、膨大な数の医師に対して
「もしあなたやあなたの家族が、あなたの専門分野の病気にかかった場合、どの医師に治療をお願いしますか?」
とアンケートをとり、その中から一定の評価を得た医師を選びます。
つまり、沢山いる専門医の方達から、その専門としている病気にかかった時に、
治療してほしい医師・信頼のおける医師として選ばれたのです。

この調査は毎年繰り返されるため、ベストドクターズ社の名医データベースは
常に医療の最前線で活躍している、経験豊富な医師のみが登録されています。

ベストドクターズ社公式サイト
米国ベストドクターズ社公式サイト

※ベストドクターズ、Best Doctorsおよびstar-in-crossロゴは、米国およびその他の国におけるBest Doctors, Inc.の登録商標です。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

学歴

昭和52年 都立新宿高校卒業:東京近郊のハイキングに明け暮れる
昭和59年 昭和大学医学部卒業: 医学部卒業生総代を勤めた

医師資格

昭和59年 医師国家試験合格: 現役合格

平成3年 医学博士授与: 原発性胆汁性肝硬変の臨床研究が博士論文となる

職歴

昭和59年 昭和大学医学部第二内科学教室入局: 消化器肝臓病を専門とする医局

昭和60年 健康保険総合川崎中央病院勤務(現川崎社会保険病院):
       上野幸久先生という肝臓病の大家が院長をされており,肝臓病と医者のイロハを9年に渡り師事.
       この間実績を買われ内科医員から内科医長(平成2年)→消化器科部長,内視鏡室長(平成6年)と昇進.

平成 6年  都立荏原病院勤務: 荏原病院が全面改装され,昭和大学の医師として立ち上げに協力.
       山本雅一先生(現東京女子医大外科教授)などの優秀な医師と知り合う.

平成 8年  昭和大学医学部第二内科(消化器内科)勤務: 三田村圭二教授の指導のもと,
       海外の一流医学雑誌(Lancet, The American Journal of Gastroenterology, Hepatology, The Journal of Infectious Diseasesなど)に
       多数論文を掲載.

平成12〜16年まで毎年,厚生労働省の難治性肝疾患の調査研究班の仕事も行う.
       この間,助手から講師(平成13年)に昇格.上野文昭先生(大船中央病院特別顧問),
       森實敏夫先生(神奈川歯科大学内科教授)からEBM(根拠に基づく医療)を師事.

平成14年 NTT東日本関東病院勤務消化器内科勤務: 翌年消化器内科主任医長就任.

平成18年 同病院退職: 在職4年間で消化器肝臓病専門外来で17,509名の患者の診療を行った.

平成18年9月:大学,病院とも地元の品川区内で自らの理念実現のため"柴田内科・消化器科クリニック"を開業.

平成20年4月:医院を法人化し、"医療法人社団HEPATO 柴田内科・消化器科クリニック"に改称.

所属学会

日本消化器病学会
日本肝臓学会
日本内科学会
日本内視鏡学会
アメリカ消化器病学会(American College of Gastroenterology)上級会員
日本肝癌研究会

役職

日本消化器病学会 関東支部評議員
日本消化器病学会 評議員
日本肝臓学会 東部会評議員
日本肝臓学会 学会評議員
東日本胆汁酸研究会 東京地区評議員
昭和医学会 評議員
米国消化器病学会上級会員(Fellow of American College of Gastroenterology: FACG)
東京慈恵会医科大学肝胆膵セミナー 世話人
城南肝臓病研究会 世話人
臨床肝臓カンファランス 幹事
肝癌予防・予知・治療研究会 幹事
東京肝炎病態研究会 幹事
川崎リバーカンファレンス 幹事
昭和大学医学部 消化器内科兼任講師
慈恵会医科大学 肝移植外部委員
慈恵会医科大学 肝移植専門小委員会委員
平成17年度厚生労働科学研究費補助金による根拠に基づく医療(Evidence-based Medicine:EBM)の手法開発と適用、
医療技術の評価及び体系化に関する研究事業.国民の視点を重視したEBMの推進に関する研究.研究班班員
財団法人日本医療機能評価機構 Mindsアブストラクト編集委員(平成16年,17年)
厚生労働省難治性疾患克服研究事業「難治性の肝疾患に関する調査研究」オブザーバー(平成15年)

▲上に戻る


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「肝疾患レジデントマニュアル(第3版)」
医学書院 2017年6月出版
編集:柴田 実、加藤直也

2004年に柴田院長が編集・執筆した肝疾患レジデントマニュアル(初版)が
全面改訂され2017年6月に第3版が出版されました。
医師および医療従事者を対象とした専門書です。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「medicina 2016年09月号」
医学書院, 2016年9月

柴田院長の論文がmedicina(メディチーナ)9月号に掲載されました
柴田 実:C型肝炎の治療。medicina 53: 1586-1589, 2016.
C型肝炎の最新治療を解説しております。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「日本医師会雑誌」
日本医師会, 2015年10月

柴田院長の座談会記事が日本医師会雑誌に掲載されました
座談会 肝疾患診療の新展開:滝川一、平松直樹、金子周一、柴田 実。
日本医師会雑誌 144(7): 1385-1395, 2015.

C型肝炎、B型肝炎、肝癌、NASH、自己免疫性肝疾患などの最新知識をまとめております。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「medicina 2015年09月号」
医学書院, 2015年9月

柴田院長の論文がmedicina(メディチーナ)9月号に掲載されました
柴田 実:急性ウイルス肝炎。medicina 52: 1740-1742, 2015.

今回は上野文昭先生(大船中央病院)が監修され、消化器内科の最新情報が紹介されています。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「CURRENT THERAPY(月刊カレントテラピー) Vol.33 No.9」
ライフメディコム, 2015年9月

柴田院長の論文がCURRENT THERAPY(カレントテラピー)9月号に掲載されました
柴田 実:血清ALT値を低下させる治療薬。
Current Therapy 33: 912(68)-917(73), 2015.

9月号はウイルス肝炎の特集です。目次は以下です。

◆特集
肝炎治療の今後の展望─ウイルス肝炎は克服されるか─

◆エディトリアル
東京大学大学院医学系研究科消化器内科学教授 小池和彦 ●7

◆C型肝炎治療の現在と今後の展望
わが国におけるHCV感染の疫学
田中純子(広島大学大学院医歯薬保健学研究院疫学・疾病制御学教授)●8
C型肝炎の病期進展と肝発癌
長谷川国大(兵庫医科大学肝胆膵内科)●15
日本肝臓学会C型肝炎治療ガイドライン
田中 篤(帝京大学医学部内科学講座教授)●21
わが国で使用可能なC型肝炎に対するDAA
(direct-acting antiviral agent)
小松信俊(山梨大学医学部第一内科助教)●26
インターフェロン・フリー経口DAA療法の適応・効果と注意点
鈴木文孝(虎の門病院肝臓センター部長)●32
遺伝子型2型のC型肝炎に対する最新抗ウイルス治療
村田一素(国立研究開発法人国立国際医療研究センター
肝炎・免疫研究センター肝疾患先端治療研究室長)●36

◆B型肝炎治療の現在と今後の展望
わが国におけるHBV感染の疫学
八橋 弘(独立行政法人国立病院機構長崎医療センター臨床研究センター長)●41
HBVキャリアの自然経過と肝発癌
松波加代子(名古屋市立大学大学院医学研究科消化器・代謝内科学/
名古屋市立大学大学院医学研究科病態医科学講座ウイルス学)●47
日本肝臓学会B型肝炎治療ガイドライン
朝比奈靖浩(東京医科歯科大学消化器内科・肝臓病態制御学講座教授)●53
新規B型肝炎抗ウイルス薬開発の現状
渡士幸一(国立感染症研究所ウイルス第二部主任研究官)●59
B型肝炎ワクチンの効果
─ユニバーサル・ワクチネーションを見据えて─
四柳 宏(東京大学大学院医学系研究科生体防御感染症学准教授)●64

◆代替療法
血清ALT値を低下させる治療薬
柴田 実(医療法人社団HEPATO柴田内科・消化器科クリニック理事長・院長)●68

◆治療薬解説
世界におけるC型肝炎に対するDAA開発の現況
泉 並木(武蔵野赤十字病院消化器科部長)●74

◆Key words
C型肝炎,B型肝炎における肝発癌感受性遺伝子
加藤直也(東京大学医科学研究所先端医療研究センター
先端ゲノム医学分野准教授)●80
今増えている非B非C型肝癌
建石良介(東京大学大学院医学系研究科がんプロフェッショナル
養成基盤推進プラン・消化器内科学特任講師)●81

◆座談会
HCV感染排除後の肝臓病診療 ●82
小池和彦(東京大学大学院医学系研究科消化器内科学教授)
黒崎雅之(武蔵野赤十字病院消化器科部長)
平松直樹(大阪大学大学院医学系研究科消化器内科学准教授)

 

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「肝炎の診かた、考えかた」
樺外医学社, 2014年11月発行, A5版, 188頁

中外医学社から柴田院長が執筆した医学書「肝炎の診かた、考えかた」が発売されました。
今まで編集や分担執筆した医学書は多数ありましたが、全ページを一人で書き上げた単著は初めてです。
臨牀医を対象とし、診療に必要な最新のウイルス肝炎の知識が盛り込まれています。
たいへん満足いく書籍になったと自負しております。

当院受付でも販売しております。
ご興味のある方はぜひご購入ください。
定価は3,400円+税(3,670円)です。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

肝臓医のキモ
日本肝臓学会総会 臨床消化器内科Vol.29, No.8別冊付録, p6-7, 2014.

平成26年5月29日-30日に第50回日本肝臓学会総会が開催されました。
50回開催をお祝いして臨床消化器内科の特別企画として
「肝臓医のキモ」という小冊子を小池和彦先生(東大教授)が編集し、学会会場で配布されました。
柴田院長も「肝臓医に大切なこと」(臨床消化器内科Vol.29, No.8別冊付録, p6-7, 2014)
という原稿を寄稿させていただきました。

↑詳細はこちらをご覧ください。(クリックすると大きくなります。)

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

日本医事新報(2014/5/17号 No.4699:60-61)
日本医事新報社, 2014.

日本医事新報(2014/5/17号 No.4699:60-61)に柴田院長の記事が掲載されました。
質疑応答 [プロからプロへ:臨牀各科の一線医師同士が日常診療の疑問点を検証]
というコーナーでC型慢性肝炎の最新の治療について紹介しております。

↑詳細はこちらをご覧ください。(クリックすると大きくなります。)

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

『糖尿病診療マスター 2013年09月号(通常号) (Vol.11 No.6)』
医学書院, 2013.

柴田院長の論文が医学書院社が出版する内科臨床誌:
「糖尿病診療マスター Vol.11, No.6, p616-617, 2013」に掲載されました。
9月号の特集は、「糖尿病医療連携-本当に必要はものは何か」です。
今回は「診療科別Clinic Report、消化器科クリニックの糖尿病事情。 柴田内科・消化器科クリニックの場合」
という原稿を書きました。

↑論文の詳細はこちらをご覧ください。(クリックすると大きくなります。)

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

文藝春秋SPECIAL 2013年季刊夏号
文藝春秋, 2013.

柴田院長の健康記事が文藝春秋SPECIAL 2013年季刊夏号180-181頁に掲載されました。

大特集「病気別に丁寧に解説。名医16人が教える病気を防ぐ食事法」
の中の(10)肝臓病の項目を担当いたしました。

(1)栄養全般 細谷憲政 
(2)高血圧 猿田享男 
(3)胃がん 比企直樹 
(4)大腸がん 石川秀樹 
(5)がん一般 津金昌一郎 
(6)男性ホルモン減少 堀江重郎
(7)糖尿病 山田悟 
(8)痛風・高尿酸血症 細谷龍男 
(9)痔 山口トキコ 
(10)肝硬変 柴田実 
(11)骨粗鬆症 藤原佐枝子 
(12)目 井上賢治 
(13)歯 植田耕一郎 
(14)認知症 大塚美恵子 
(15)メタボリック・シンドローム 大塚礼 
(16)アンチエイジング 白澤卓二

↑詳細はこちらをご覧ください。(クリックすると大きくなります。)

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

「内科医の道」2巻1号(2013.04)P.980-980(ISID:1103100086)
医学書院, 2013.

柴田院長のエッセイ「内科医の仕事の真相」
医学書院の電子版エッセイ「内科医の道」2巻1号(2013.04)P.980-980(ISID:1103100086) に掲載されました。
院長が開業するまでの心情を告白し、若い研修医に対する応援メッセージになっております。

↑詳細はこちらをご覧ください。(クリックすると大きくなります。)

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

『medicina』2012年11月号 (増刊号) ( Vol.49 No.11)
医学書院, 2012.

医学書院社が出版する内科臨床誌
「medicina」2012年11月号 (増刊号) ( Vol.49 No.11)
「いま、内科薬はこう使う」にウルソデオキシコール酸(ウルソ)についての解説を書きました。
ウルソは胆石を溶かしたり、様々な肝臓病の治療に広く用いられている薬剤です。

↑論文の詳細はこちらをご覧ください。(クリックすると大きくなります。)

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

『週刊日本医事新報No.4614, 2012年9月29日号』
発行元:株式会社 日本医事新報社

柴田院長の論文「インターフェロン治療中の注意点」が
週刊日本医事新報No.4614, 2012年9月29日号(54〜57頁)に掲載されました。
本号は「C型肝炎のこれからの診かた」という特集が組まれており、
その中のプライマリケア医のためのC型肝炎ポイント集の一項目を担当させていただきております。

↑論文の詳細はこちらをご覧ください。(クリックすると大きくなります。)

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

『男子キッチン 2012年6月27日号(Vol.3)』
発行元:角川グループパブリッシング株式会社

柴田院長が雑誌:『男子キッチン』(角川グループパブリッシング株式会社)の取材を受け、
2012年6月27日号(Vol.3)113頁のMEN'S CLINICという欄に健康記事が掲載されました。
同誌はレタスクラブという30代女性を主な読者にする料理の専門雑誌の男性版です。
2010年4月はレタスクラブで肝炎に関して一般の方に分かりやすく解説し、
今回アルコール肝障害に関して解説しました。

↑内容の詳細はこちらをご覧ください。(クリックすると大きくなります。)

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

『先端医療シリーズ42 消化器疾患の最新医療』
先端医療技術研究所, 2011.

柴田院長の著書 「第18章 薬物開発に関する最新情報 自己免疫性肝疾患治療薬」が
『先端医療シリーズ42 消化器疾患の最新医療』先端医療技術研究所2011年12月26日発行
の307〜310頁に掲載されました。
自己免疫性肝炎、原発性胆汁性肝硬変、原発性硬化性胆管炎などの自己免疫性肝疾患に対する標準的治療と
現在開発中の治療薬と今後の展望について、医療関係者を対象として解説しております。

↑内容の詳細はこちらをご覧ください。(クリックすると大きくなります。)

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

週刊日本医事新報No.4571, 2011年12月3日号
日本医事新報社, 2011.

柴田院長の論文「外来で診るウイルス肝炎」が
週刊日本医事新報No.4571, 2011年12月3日号の学術のページ(71〜76頁)に掲載されました。
最新のウイルス肝炎の診断と治療について解説しております。
2011年はB型肝炎、C型肝炎の診断と治療について数多くの進歩が認められました。

↑論文の詳細はこちらをご覧ください。(クリックすると大きくなります。)

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

『medicina』2011年11月号 (増刊号) ( Vol.48 No.11)
医学書院, 2011.

医学書院社が出版する内科臨床誌
「medicina」2011年11月号 (増刊号) ( Vol.48 No.11)
「内科 疾患インストラクションガイド 何をどう説明するか」

自己免疫性肝炎に関する論文を発表しました。

↑論文の詳細はこちらをご覧ください。(クリックすると大きくなります。)

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

『medicina』2011年7月号(Vol.48, No.7)
医学書院, 2011.

医学書院社が出版する内科臨床誌
「medicina」2011年7月号(Vol.48, No.7)
今月の主題「内科疾患の予防戦略」に
「抗ウイルス薬による肝細胞癌の予防」という論文を執筆しました。

↑論文の詳細はこちらをご覧ください。(クリックすると大きくなります。)

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

『medicina』2010年08月号
医学書院, 2010.

医学書院社が出版する内科臨床誌
「medicina」2010年8月号(Vol.47, No.8) に
「C型肝炎に対する抗ウイルス療法」 という論文を執筆しました。

↑論文の詳細はこちらをご覧ください。(クリックすると大きくなります。)

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

『レタスクラブ2010年4月10日号(Vol.694)』
発行元:角川グループパブリッシング株式会社

柴田院長が雑誌レタスクラブ(角川グループパブリッシング株式会社)の取材を受け、
2010年4月10日号(Vol.694)に掲載されました。
同誌は30代女性を主な読者にする料理の専門雑誌です。
今回はWomen's CLINICというコラムで肝炎について一般の方に分かりやすく解説しております。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

『外来診療ハンディガイド』
発行元:日経メディカル開発
編集:泉 孝英
著者:柴田 実、他
2009/9/29発行
3,360円

医師を対象とした医学書です。
内科の外来で診療する頻度が高い46疾患の診療ガイドです。
柴田院長は消化器疾患の肝炎、肝硬変について分担執筆しております。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

『肝臓をいたわる おいしいレシピブック』
著者 管理栄養士:大越 郷子 / 柴田内科・消化器科クリニック院長:柴田 実
保健同人社 2009.05. 定価 1365円

2009年5月に柴田院長が執筆した一般向けの本が出版されました。
肝臓病の解説と食事療法について 一般の方向けに 解りやすく書いています。
管理栄養士の大越郷子さんの 協力で肝臓にやさしい104のレシピが紹介されています。
当院受付でも販売しておりますので ご希望の方はお申し付けください。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

『ガイドライン外来診療2009』
日経メディカル開発

前回執筆したガイドライン外来診療2005ではB型慢性肝炎の項のみを執筆しましたが
今回は肝炎・肝硬変と全ての項目を執筆しました。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

『そこが知りたい C型肝炎のベスト治療 インターフェロンを中心に』
医学書院, 2009.
編集:銭谷 幹男/八橋 弘/柴田 実 定価 3,675円 (本体3,500円+税5%)
ISBN978-4-260-00738-2 (2009年01月発行)

C型肝炎でインターフェロン治療を受ける方はぜひお読みください。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

『medicina】2008年11月号
今月の主題「浮腫をどう診るか」
医学書院, 2008.

医学書院の内科臨床誌『medicina】2008年11月号
今月の主題「浮腫をどう診るか」内の
「肝疾患からくる浮腫をどう診るか」の稿を執筆し出版されました。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

肝疾患レジデントマニュアル(第2版)
医学書院, 2008.

2004年に柴田院長が編集・執筆した肝疾患レジデントマニュアル(初版)が
全面改訂され2008年10月に第2版が出版されました。
医師および医療従事者を対象とした専門書です。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

  *クリックすると拡大します*

AERA臨時増刊(2008/07/05)
『日本の家庭医1435人 -日本初!かかりつけ医を探すガイド-
当院と柴田院長が掲載されました!(83ページです)

朝日新聞出版の紹介ページはこちらです。

ご購入も上記のページから出来ます。
ぜひご覧になってください。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

柴田院長がスポーツニッポン(スポニチ)の取材を受けて、その内容が新聞に掲載されました。
スポニチの毎週水曜日掲載の健康欄に、3月中の水曜日(5日、12日、19日、26日)計4回掲載されました。

肝炎について、肝臓の働き、病気の種類、経過、検査と治療法、予防法などを
一般読者に分かりやすく解説しております。

→詳しくはこちらをご覧ください。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

『medicina 2007年09月発行(Vol.44 No.9)
今月の主題 消化器薬の使い方 Update』

医学書院 2007

「その他の肝疾患治療薬」の執筆と
座談会「消化器薬物治療とEBM―何が変わったか,これからどう変わるか」
を行っております。

座談会における院長の雄姿はこちらのページをご覧ください!

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

『研修チェックノートシリーズ 消化器内科研修チェックノート』
羊土社  2007年8月7日発行
柴田実/編

柴田院長が企画編集をし、柴田院長が主任医長として平成18年まで勤務していた
NTT東日本関東病院消化器内科の医師達の全面的協力を得て執筆された本です。
主な対象は医療関係者ですが、一般の方にも消化器疾患が理解できるよう工夫されております。
本書はNTT東日本関東病院消化器内科で行われている高度な医療の全貌が紹介されており、
本書を学んで研修医達は一人前の医師に育って行きます。

本書は柴田内科・消化器科クリニックの受付でも販売しておりますので、
医師達の検査、診断、治療の舞台裏にご興味のある方はぜひご購入ください。
定価は3,800円(税込)です。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

『肝疾病住院醫師手冊』
合記出版社 / 医学書院 2007

柴田院長が医学書院から出版した『肝疾患レジデントマニュアル』が中国語に翻訳されて台湾で出版されました。
本の題名は「肝疾病住院醫師手冊」で日本の医学書院と台湾の合記図書出版社の共同発行です。
日本のみならずアジアの医療の向上に貢献することができました。

詳細な内容はこちらのページをご確認ください。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

『medicina 2007年05月発行(Vol.44 No.5)
今月の主題 ウイルス肝炎 実地診療 A to Z 』

医学書院 2007

「ウイルス肝炎の実地診療のために知っておくべきこと:診療に役立つガイドラインの集め方、活用法」
の執筆と、
「今月の主題:座談会 外来で診るウイルス肝炎―効果的な病診連携のために」
に柴田院長が参加しています。

座談会の詳細な内容はこちらのページをご確認ください。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

『medicina 増刊号 2006年11月発行(Vol.43 No.12)
 Common Diseaseインス トラクションマニュアル−患者に何をどう説明するか』

医学書院 2006

「肝硬変による腹水」の章 を柴田内科・消化器科クリニックの柴田院長が執筆しました。

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

『スーパーローテート各科研修シリーズ:消化器内科必修マニュアル』 : 柴田 実
洋土社 2005

黄疸,腹部膨満・腹水,腹水穿刺,肝生検,末梢血液検査・凝固機能検査,肝機能検査,
肝炎ウイルス検査,急性肝炎,慢性肝炎,肝硬変・肝癌,アルコール性肝障害と脂肪肝,
自己免疫性肝疾患(自己免疫性肝炎と原発性胆汁性肝硬変),薬剤性肝障害の章を執筆.

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

『ガイドライン外来診療2005』 : 柴田 実
日経メディカル開発 2005

B型慢性肝炎の章を執筆.

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

『消化器疾患最新の治療2005-2006』 : 柴田 実
南江堂 2005

原発性胆汁性肝硬変と原発性硬化性胆管炎の章を執筆.

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

『肝疾患レジデントマニュアル』 : 柴田 実
医学書院,2004.

一冊全部を企画編集,執筆.

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

『慢性肝炎の治療ガイド : 柴田 実
日本肝臓学会編.文光堂,2004

C型肝炎(C型肝炎の外来診療;C型肝炎の治療)の章を執筆.

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

『今日の治療指針2004年版』 : 柴田 実
医学書院,2004

慢性肝炎の章を執筆.

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

『一目でわかる肝臓病学』 : 柴田 実
メディカル・サイエンス・インターナショナル社,2003

肝炎を起こす原因ウイルス,原発性胆汁性肝硬変と原発性硬化性胆管炎の章を執筆.

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

『消化器疾患最新の治療2003-2004』 : 柴田 実
南江堂,2003

B型慢性肝炎の章を執筆.

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

『Annual Review 消化器2002』 : 柴田 実
中外医学社, 2002

B型肝炎:ウイルス・病態・診断の章を執筆.

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

『先端医療シリーズ11:消化器疾患,消化器疾患の最新医療: 柴田 実
株式会社寺田国際事務所/先端医療技術研究所,2001

自己免疫性肝疾患の治療薬の章を執筆.

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

『消化器疾患最新の治療2001-2002』 : 柴田 実
南江堂, 2001

自己免疫性肝炎の章を執筆.

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

『Annual Review 消化器2001』 : 柴田 実
中外医学社, 2001

B型肝炎:ウイルス・病態・診断の章を執筆.

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

『これからの肝疾患診療マニュアル : 柴田 実
医学書院,1999

一冊全部を企画編集,執筆.

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

『図説消化器病シリーズ12 非肝炎ウイルス性肝臓疾患 -肝と自己免疫,薬物,アルコール-』 : 柴田 実
メジカルレビュー社, 1999

原発性胆汁性肝硬変 診断基準とその活用の章を執筆.

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

『認定医・専門医のための内科学レビュー'98 -最新主要文献と解説- : 柴田 実
総合医学社,1998

ウイルス肝炎の章を執筆.

----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

▲上に戻る



【クリニックについて】TOPに戻る